紅葉地、乗鞍スカイライン

秋の航海といえば、やはり紅葉狩り!紅葉の穴場をご紹介します。

岐阜県内における乗鞍岳は北アルプス(飛騨山脈)の南端に部位し、高山市と長野県内松本市にまたがってある。
標高3,026メートルの剣ケ峰を主峰とする23の峰と7つの湖、8の平原からなり、壮大な山岳情景を形成してある。
こういう乗鞍岳には乗鞍スカイラインが通ってあり、高山市平湯峠から乗鞍岳畳平を結ぶ継続14.4キロメートルの山岳見物路上となっています。
乗鞍岳の紅葉は9月額中旬あたり、山頂からはじまり、より低山まで広がっていきます。
ナナカマドの赤色やダケカンバのイエロー、カエデのオレンジなど差鮮やかに色づきます。
麓の平湯峠(1684m)ところは、年々10月額上旬あたりから色づき取りかかります。
乗鞍岳、からは槍ヶ岳、穂高連峰など、随分雲上のマーケットが眺められる以外、乗鞍スカイラインの終点です標高2,702メートルの畳平には約4ヘクタールのお花畑がひろがり、夏には、白、黄、桃色など色とりどりの高山植物をご覧いただけます。
終点の畳平からは足(往き)1日にち30当たりで最良の剣が峰に上がることもできます。

なお、乗鞍岳の貴重な人並みを保護する結果自家用車管理が行われてあり世電車の通過はできませんので湯船またはタクシーをご利用下さい。
「平湯スパ」から「ほおのき平」を経由し「乗鞍畳平」へ有償シャトル湯船が出ています。
自家用車でお出での人は「ほおのき平」のパーキングをご利用下さい。
無料で停止できます。ミュゼ愛知県のキャンペーンでオトクに美容全身脱毛